たくさん寝太郎の寝床

大阪在住大学生オタクのブログ

PythonでTwitterの話

こんにちは、たくさん寝太郎です。


昔「Python音ゲースコア収集してみた話」を書こうとしたのですが内容が長すぎてお蔵入りになっていました。
今日はとりあえずPythonでのTwitterの扱いについて考えてみます。

参考サイト

qiita.com

まずは以下のTwitter開発者向けサイトに行き自分のTwitterアカウントでログインします。
Twitter Application Management

PythonTwitterを扱う上でConsumer key、Consumer secret、Access token、Access token secretの4つが必要なのですが取得方法は以下のサイトで詳しく書かれています。

website-planner.com


次にrequests_oauthlibとrequestsをinstallします。

pip install requests_oauthlib requests


twitterのアクセスに必要なtokenとkeyをまとめたファイルを作っておきます。

from requests_oauthlib import OAuth1Session

oauth_key_dict = {
	"CONSUMER_KEY": "xxxxxxxxxxxxxxxx",
	"CONSUMER_SECRET": "xxxxxxxxxxxxxxxxxxx"
        "ACCESS_TOKEN": "xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx",
	"ACCESS_TOKEN_SECRET": "xxxxxxxxxxxxxxxxxxxx"}


def create_oauth_session(oauth_key_dict):

	oauth = OAuth1Session(
						oauth_key_dict["CONSUMER_KEY"],
						oauth_key_dict["CONSUMER_SECRET"],
						oauth_key_dict["ACCESS_TOKEN"],
						oauth_key_dict["ACCESS_TOKEN_SECRET"])
	return oauth

ではpythonTweetしてみましょう。

from requests_oauthlib import OAuth1Session
import json
import settings

twitter = settings.create_oauth_session(settings.oauth_key_dict)
params = {"status":"てすと"}
req = twitter.post("https://api.twitter.com/1.1/statuses/update.json", params = params)

f:id:kaworu_mk6:20181017201854j:plain

Tweetできました。


次回は検索について書こうと思います。